通販とコールセンター

様々な業種でコールセンターが活躍していますが、中でも通販においてはコールセンターが必要不可欠です。実店舗がなく、カタログやWeb、広告などの媒介を通して、商品やサービスを販売している通販会社において、コールセンターは、顧客と直接的に応対する大事な接点です。通販会社のコールセンターは、商品のサービスの注文や受付だけでなく、資料やサンプルの請求対応や、DMやカタログについての補足案内、顧客のフォローなど様々なことを行っています。

クレーム対応や代金督促もコールセンターが行っています。実店舗であれば、商品のプロモーションや接客、支払い回収などは売り場で行っていますが、通販の場合は、コールセンターを通じて行っているということになります。テレビショッピングなどを見ていると、「今から30分以内に限り割引」などという案内があるように、タイムリーに注文や問い合わせをする人が多い通販のコールセンターですから、利用者の気持ちを受け止め、最適な接客をすることが求められます

しかし、コールセンターだけがしっかりしていても、他部署との連携がなかったら商品がしっかり手元に届かないなどトラブルにもなりかねません。通販コールセンターにおいて、他部署との連携は利用者にとっても大事なことでしょう。このように、通販業界にとってはコールセンターが店舗といっても過言ではなく、コールセンターを充実させることが通販会社の発展にもつながっていくと考えられるでしょう。

今後、コールセンターで勤めたいと考えている人は未経験者向けの研修制度が充実しているコールセンター求人の専門サイトなどもありますので参考にしてみると良いでしょう。コールセンター専門ですので、細かい希望を聞いてもらえるはずです。一言でコールセンターといっても今まで説明してきたように、様々なタイプがあります。自分がどのタイプのコールセンター業務に向いているのかじっくり検討してから応募するようにしてみて下さいね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *